HOME

What's New(新着情報)

転職というのはある意味ではいいことだと思います

転職というのは、あまりしないほうがいいと言われていますよね。

それは、人を雇う企業の方としても、簡単に転職されたら、たまったものではないというのが、あるからなのではないかと思います。

実際のところ、転職を繰り返している人というのは、なにか、我慢強くない人とか、飽き性の人とか、信頼できない人とか、思われることが、一般的にも、多いのではないかと思います。

しかし、果たして、それは、本当のことなのでしょうか。転職をするということは、そんなに、悪いことなのでしょうか。

ずっと、その会社に入れば、すべて、いいことばかりだというのでしょうか。いいえ、そんなことは、いえないと思います。

どうしてかというと、今の時代では、やはり、誰にどんなことが起きるかわからないような時代になっているのではないかと思います。

一つの会社にずっといるということは、ある意味では、素晴らしいことだと思います。

だけれども、逆に、その会社以外の世界を、全く知らないということもいえるのではないかと思います。

それは、柔軟性というものが、薄いという評価だって、できるのではないかと思います。

だから、いろいろな世界を、いろいろな会社のやりかたを、多く知っている人のほうが、結果的にはいいということも、いえるのではないかと思います。

そういう意味では、転職というのは、けして、悪いことではないとも、言えるのではないかと思うのです。転職を改めて考えてみてはいかがでしょうか。

HOME